2005年11月06日

読売新聞日曜版「駅」 国道駅(横浜市鶴見区)

読売新聞日曜版では毎週駅を一箇所とりあげて、駅や周辺の街、人々の暮らしを紹介
しています(1面と3面)
JR東海道線から鶴見線に乗り換えて一駅。朝夕の通勤時間帯を除けば、人が途絶える
無人駅ですが、薄暗い洞窟のような鉄道高架下アーケードには、工場から帰る人たち
を暖かく迎える焼き鳥屋さんがあるとか。
鶴見線の終点海芝浦駅は岸壁にあり、「ホームで釣りができる駅」だそうです。東芝
の工場敷地内なので従業員以外は駅から出られないなど、国道駅とともに鶴見線には
なかなかユニークな駅がありますね。

posted by とし at 12:35| Comment(29) | TrackBack(1) | 駅の紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月02日

駅前の老人ホーム一体化住宅

オリックス・リビングでは、アシステッドナーシングを採用した老人ホーム、住宅の一体型複合施設を大都市圏を対象に、今後5年間で50棟開発。例えばJR京葉線千葉みなと駅前の千葉中央港土地区画整理事業区域内に有料老人ホーム一体型の住宅施設2棟を計画している。
・「千葉みなとT」では有料老人ホームと高齢者向け賃貸住宅計233室を配置。入居中に要介護状態が軽度から重度になった場合にも、病状の重さに応じた部屋に移動できるため、”終の棲家”として利用できる。
・「千葉みなとU」では上層階に分譲マンション81室、低層階に有料老人ホーム107室を配置。老人ホームに入居した親と離れずに暮らすことができる。
※駅に近ければ、クルマを運転できない方でも移動がしやすいし、子供たちが親を訪ねてきやすくて、良いアイディアだと思います。また2つの棟が違うコンセプトだというのも選択の幅を広げて面白いと思いました。どのような住み方が”終の棲家”として望まれるのか。いろいろと考えていく必要があると思います。
posted by とし at 14:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 駅が便利に | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月01日

3大都市圏でカーシェアリングが連携

大阪・神戸でカーシェアリングを展開する「駅レンタカー関西」が11月1日から首都圏と名古屋エリアで同様のサービスを提供する2社と提携開始。今後、3社はほかの事業者にも提携を呼びかけ、国内のカーシェアリングの利用エリア拡大を目指すようですが、鉄道と自動車の良好な役割分担が進むことになると期待しています。
posted by とし at 17:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 駅が便利に | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月25日

レバラン休暇に向けて、鉄道の準備が進む(インドネシア)

レバラン休暇(11月上旬)の時には多くのインドネシア人が故郷に帰ります(予想では少なくとも250万人がジャカルタから帰省し、そのうちの73万人が列車を利用する見込み)
このため、インドネシア国鉄ではジャカルタからソロ、ジョグジャカルタ、スマラン、スラバヤ方面へ向かう列車について、Eksekutifクラス車両(一等車両)を各列車ごとに一両増結することにしたそうです。
この時期の乗車券は、既にほとんど売り切れており、今後利用者の増加も見込まれることから、座席が追加されるようです。
また、パサール・スニン駅(ジャカルタ)では、切符売り場の増設工事(現在の14窓口を22へ増設)も行われているようで(他の駅でも同様なことが行われているのではないでしょうか)、鉄道側でもレバラン休暇への準備が着々と進んでいるようです。

posted by とし at 13:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外の交通事情 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月21日

ブルーのタクシーの安全性(ジャカルタ)

今朝のNHKニュースでジャカルターの車体がブルーのタクシーの安全性
が低下してきたとの話題が放送されました。ジャカルタでは様々なタクシー
が走っていますが、車体がブルーに塗られた「ブルーバード」というタクシー
が安全で車体の状態も比較的良く、人気がありました(少しランクが上の
シルバーバードもありますが、一般的にはブルーバードがよく利用されます)
しかしながら、その人気にあやかろうと、車体をブルーに塗った紛らわしい
タクシーが増えてきて、様々な事件を起こしているようです。
流しのタクシーでは、どの会社か判別することは困難でしょうから、やはり
一流のホテルやショッピングセンターでタクシーに乗ることが安全です。
posted by とし at 10:18| Comment(1) | TrackBack(0) | 海外の交通事情 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月15日

カンチル、既に約1年前から活躍

ジャカルタ州政府が老朽化等が問題になっていたバジャイの後継者としてカンチルの導入を計画していましたが、現地からの情報によると既に昨年11月から導入が始まり、バジャイより快適な乗り物として活躍しているようです。
posted by とし at 17:00| Comment(1) | TrackBack(0) | 海外の交通事情 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ジャカルタのバスウエイ、第二路線の工事が進む

ジャカルタのバスウエイで第二路線、第三路線について年内完成を目指して工事が進められているようです。
posted by とし at 16:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外の交通事情 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月11日

エクスプレス予約を山陽新幹線にも拡大

現在、東京〜新大阪駅間(JR東海の区間)に限られているエクスプレス
予約が、今年12月から東京〜新神戸間に、また、来年夏には博多まで
拡大されます。新大阪を境にJR東海とJR西日本に新幹線が分割されて
いた弊害の一部が解消されるわけですが、これを機会に大阪駅などJR
西日本の駅でもエキスプレス予約したチケットが受け取れるようになれ
ばありがたいところですが。
 一度は、新大阪駅で窓口が大渋滞で結局予定の列車に乗れないこと
があり、少しでも窓口が分散するすること、また、余分に新大阪までの
チケットを購入する必要がなくなることを望みます。
posted by とし at 14:56| Comment(1) | TrackBack(1) | 駅が便利に | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月05日

JR西日本 山陽線に北長瀬駅開業

JR山陽線の岡山駅と庭瀬との間に北長瀬駅が開業しました(2005.10.1)岡山から3.4km、庭瀬から3.1km(随分駅の間が離れていたんですね)の場所で、橋上駅舎。高さ15mの位置の金属製の大屋根が特徴的です。ホームは相対式二面ニ線で毎日上り96本、下り97本が停車します。駅周辺で良好な街づくりが進むといいですね。
posted by とし at 22:03| Comment(0) | TrackBack(1) | 新しい駅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

バスレーン用地収用へ 2005-07-27

 ジャカルタ特別州政府はこのほど、今年末からの運行を目指しているバスレーン第二路線(プロガドゥン−ハルモニ間)用の土地収用に、5月に発令されたばかりの「公共インフラ用地の収用に関する大統領令」(2005年第36号)を適用する方針を明らかにしました。収用対象になった土地所有者の4割が州の補償額に合意しておらず、同大統領令を適用した初の強制収用が行われる可能性が高いようです。
 収用対象になっているのは、東ジャカルタ・クラパガディンのプリンティス・クムルデカアン通り(約1.3km)の両側の土地。バスレーン第二路線が同通りを経由するため、道幅を20mに拡張する予定で、道路の両側に住む107世帯が立ち退きの対象になっている。
 バスレーンのほか、東運河や外環道の建設でも土地の収用を計画しているそうです。あまり強引なやり方は住民の反発を招き、かなりの騒ぎになりそうです。


posted by とし at 10:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外の交通事情 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。